長唄 棒しばりについて

本当は今回の記念公演、踊りたい演目が他にありました・・・
が、駄目だしww
訳は長唄さんが来札するので、長唄でと・・・

以前からいつかは踊りたいと思っておりました「棒しばり」

まさかこんなに早く実現するとは・・・とはいってももう14年前ww
最近、私のはやりは「坊主物」というとわかる方はいらっしゃるのでは・・・

しかし、「棒しばり」に気持ちを納めいざ始めるとお稽古するのが楽しいことw
一緒に踊って頂く方々のアドバイスを受け、師が残してくれた譜を片手に苦労はございましたが
その一方、譜に書かれているひとつひとつに歴史を感じながら精進いたしました。
ロビー
與志之助師のお写真はロビー正面にかざられ、とても華やか。

棒しばり三人
いざ、始まるとあれよあれよと・・・緊張度が落ち着き始め鮮明にいろんなことが頭を掛けまくり始めました。

棒しばり2
棒に縛られ約30分ほど、稽古最初は腕がだるくて何も物が持てない感覚に・・・
しびれもおさまると、1時間位は縛られていても大丈夫ですw

棒しばり3
太郎冠者が踊り終えると、今度は次郎冠者の番。自分のバランス感覚との戦いw

棒しばり4
今度は連舞へと、縛られた状態で扇を開いたり、投げたりとなんとアクロバットな・・・
けれど、日本舞踊に結構ありますよね・・・扇を投げて受け止める演目w
縛られてするのは初めてだけど
棒しばり5

いよいよクライマックス・・
棒しばり6
留守にしていた大名が、二人がお酒を飲んでるのではと、早めに帰宅したところをおさえられている場面。

もちろん連獅子を踊った後の疲れが肩、腰、腕といつもより重いのが感じられたけど
舞台へ立ちますとなんと不思議、体が軽くなるものでwww
ただし、その後の疲れはどどーんときましたww
今回のことから得ることがこれまでにない物を得ました。

また長唄さんたちも素晴らしい方々がお越し頂きました。
プログラムにはすべての方のお名前が無かったのでこちらでご紹介させていただきます。

杵屋 三左衛門 さま
味見 純    さま
杵屋 三七郎  さま
杵屋 三美郎  さま
杵屋 勝四寿  さま
杵屋 五三吉  さま
杵屋 五吉郎  さま
杵屋 五三吉次 さま
杵屋 五三吉彌 さま
望月 太三郎  さま
望月 太津之  さま
藤舎 呂祐   さま
望月 左太寿郎 さま
堅田 昌宏   さま
福原 寛    さま

長唄様の出番が大変多い公演となっており、本当にご活躍頂きました。
前日のリハーサルは23時近くまでと、二日間にわたり多大なるご協力
心より受けて頂き出演者及び関係者より御礼申し上げます。

杵屋 五三吉様は長唄 二十五里、旭甫が出演した作曲様でもあり
このような記念行事に快く受けて頂い事、そして與志之助師と交流のあった
ご縁がこのような形で繋がっていること、一生のうちに経験出来ることが
限られている、貴重な一日に感謝しております。
















次なる願い
40歳前までにはおみ足公開・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。